「クラウドシュリンプ」とは、福岡のブリーダーARB shrimpさんが2010年頃に作出された個体群のことを言います。クラウドシュリンプの特徴といえば、頭から尻尾まで一本の縦の線「ヴァティクルライン」や頬部に星屑を眩したような「スターリット」などの表現が印象的ですが、他にもピントビーやファンシービーに似た表現、ターコイズやフルブラックなどシャドーに見られる表現など多岐にわたっており、これといった絶対的な特徴があるわけではないようです。

クラウドシュリンプの魅力:国産、丈夫、表現の多様性

飼育環境:ビーシュリンプと同環境のPH:5.5~7.0、TDS:150~350ppm、GH:3~8(2014年AQUALIFE5月号)

詳細:こちらの記事もご覧ください

画像出典元:シュリンプファーム近江